良い気分、悪い気分

エイブラハムの本に出会った当時は「いい気分」というのが全然わかりませんでした。

 

いい気分と言えば

「嬉しい」「楽しい」「ワクワクする」など。

 

イヤな気分と言えば

「腹が立つ」「悲しい」などですよね。

 

当時は、こういう感情があるのはわかってましたが

「今がいい気分なのか?」

「今がイヤな気分なのか?」

と普段、考えることってありませんよね。

 

エイブラハムの本を読んで

いい気分でいること以上に大切なことはない!

と書いてあるので

「いい気分にならなければいけない!」

「イヤな気分になるとイヤなことを引き寄せる!」

と思っていました。

 

「いいことを引き寄せたい」

「イヤなことは引き寄せたくない」

と思っていたので

なるべく、いい気分になれるように努力していました。

 

自分をホッとさせたり

フォーカスを別のことに向けたり

私って頑張ってたな~と思います(^O^)

 

でも、この頑張りのおかげで

イヤなことにフォーカスし続けることはなくなりました。

 

今は

引き寄せのためにいい気分になる!

というより、

イヤな気分だと気分が悪いからいい気分になる!

という感覚にかわっています。

 

それに、

イヤな気分になったからといって、イヤなことを引き寄せるわけでない!

ということも理解できました。

 

人によって同じ現象が起きても

ポジティブに考えることが出来る人

ネガティブに捉えてしまう人

人によって感じ方が違いますからね。

 

ネガティブに捉えるのが悪いのではなく

何をどう感じても「自分がどうしたいか」っていうのが一番大事!

 

引き寄せのためのいい気分じゃなくて

私のためのいい気分に変わりました!

 


おすすめの引き寄せアイテムはこちら

  1. 引き寄せの法則
    エイブラハムとの対話

    引き寄せの法則のすべてがこの1冊に詰まっています。通称"赤本"。
    とにかく1度は読んで欲しい名著です。

  2. 新訳 願えば、かなうエイブラハムの教え―引き寄せパワーを高める22の実践

    「抵抗を手放す」や「許容し可能にする」がよくわからない方必見。
    どんな願望でも手に入れる"許可する技"について具体的に書かれた数少ない1冊です。

  3. エンヤ~オールタイム・ベスト

    「調和」している感覚を知りたい方必聴。
    聴くだけで体感を起こせるので、創造のワークショップや瞑想に超おすすめです。

<スポンサーリンク>